! nopi’s talk from Frontline このページをアンテナに追加 RSSフィード

[ profile ] [ ! nopi’s talk ]



2006-08-14

[]訓練 09:56 訓練 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 訓練 - ! nopi’s talk from Frontline

ハウンド戦の訓練するには、フリー対戦が一番なわけですけど、

たとえばCMD兼用型の訓練したくても、そういう機体はフリーじゃ馬鹿にしすぎてるかなぁ、とか

曲射だったりミサイル相手の訓練したいけど、みんなHEATだよこんちくしょう!とか、

人生なかなかうまくいかない事も多い訳です。

ならば、と思うのはスカッド内で部屋立てて、模擬戦闘訓練してもいいかなぁ、と。

索敵の時間も無くなる(「ポイントほにゃららに居ます」)し、訓練したい地形も選べるしで、

わりと効率的なんじゃないでしょうか。


2:1に分かれてのパイラー阻止作戦演習、市街戦(敗北率高いよね)演習、

スナイパーの使い方と封じ込め方双方の訓練、各種武器対策(曲射、ミサイルなど)、

演習項目はいろいろ思いつきますね。

2006-08-12

[]升 17:10 升 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 升 - ! nopi’s talk from Frontline

あんまり愉快な話じゃないんですけれども、体験致しましたのでご報告までに。


11日のPM4:00ごろ。米国立のフリー部屋(デスマ)にて連戦してました。

なかなか優秀なHEAT使いがいて、盛り上がってたんですけれども、なんか一機、なかなか死なないけど、

なかなか倒さない機体がいました。nopiがタイマンしてみると、なぜか背中向けて歩いてきます。

散々、攻撃を加えましたが、パーツが破損する気配さえありません。

・・・これが例のあれなんですかね。

めんどくさくなって、放置して違う相手を探しに移動しました。すると、後方で爆発音・・・自爆?


正直、何をしたいのかさっぱりです。まぁ、フリー部屋ですので、なんでもいいんですけど。

これ、ネーロイムス戦争モードで出てきたら相当ウザいですね。通報のために、タグ確認しておけばよかった。

2006-08-10

[]いきなり撃ったら撃ち返してきた 13:13 いきなり撃ったら撃ち返してきた - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - いきなり撃ったら撃ち返してきた - ! nopi’s talk from Frontline

対COM戦のHVGの凄まじさを痛感致しました。

当方、コマンダー兼HVG。味方機のHGV肉薄までの援護をする為に、距離1000overでの撃ち合いに。

敵は本職の四脚HGV。射撃の精密さもさることながら、時間差砲撃、予測砲撃、着弾のばらつきに至るまで、

うまいさん曰く「撃ち方教えてもらいたいくらいだ」いやまったく。

一発の直撃も無いにもかかわらず、ほとんど全てのパーツの耐久力が半減してました。きょわい。


[]激戦!パイラーズ! 13:13 激戦!パイラーズ! - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 激戦!パイラーズ! - ! nopi’s talk from Frontline

フレンド

機体RT脚型備考
02CMD/HVG逆間大型NAM
08ATKニ脚多連装ロケット×6
09ATK逆間軽量高速型

エネミー

機体RT脚型備考
αATKホバーパイラー
βATKホバーパイラー
γATKホバーパイラー

戦闘の推移

場所はヒムヒメ東。自軍は赤(南側)、自軍拠点は3(東側)。


1)予備機動

開始後、近郊二つのコムバスを制圧。

その後、08,09フォワード二機は、敵との遭遇予想地点付近のコムバス制圧に動く。

02のコマンダーは拠点側にて様子見(パイラー対策)。


2)索敵

フォワードから敵発見の報告(α)。脚が速いらしい。この時点ではパイルは確認できず。

発見位置から、直後の強襲は無いと踏んで、02やや前進。NAでβ確認。速い。

α、βともに合流し、拠点1、2へ向かう(正解は3)。ハズレを悟ったかNA外に逃亡。


3)強襲

コムバス増え続ける。守りを見抜いてコムバス戦に持ち込む気か。

敵予想侵攻ルート上に08,09を移動。直後、α、β、拠点2方面から拠点3へ強襲移動。ホントに速い。

α、β、拠点3に強襲。09、間に合わず。0208迎撃。ロケットランチャーの威力が炸裂。

α、側面から08ロケットの直撃を受けて即死。

β、拠点に張り付き、パイル数発撃つものの08ロケットで即死。

02、ほとんど出番無し。


4)駆け引き

残り4分。敵のコムバス数の方が多い。おそらく、敵は三機とも300近い速度のパイラーと思われる。

こちらは三機とも稼動可能だが、敵は、パイル特攻コムバス戦も可能。まだ判らない。

拠点から最も遠い位置にいた09コムバス奪回の為に移動。0208は拠点側で待機。

09が制圧したコムバスによりγ捕捉。コムバス数逆転により、焦って飛び出して来たか。


5)追撃

γ捕捉位置は09の直ぐ側だったが、γは拠点を狙う動き。はやい。

09に迎撃させるも、速度の違いで致命傷にならず。それでも脚を破壊したとの報告。GJ

γ、拠点狙いコース。08に侵攻ルートを防ぐ位置を取らせる。09、γを08の待つルートに追い込む。

08、γと会敵直前に燃料切れ。も、もりあげすぎー?!

γ、08の燃料切れを見抜けず、ルート変更。ダメージ覚悟の崖飛び降りルートへ。09、追いつけない。

γ、09の与えたダメージ及び落下ダメージにより瀕死。

拠点3に到着直後、直衛の02の曲射を受けて沈黙


総評

初の全パイラーで緊張のしっぱなし。勝ちは勝ちだが、運に助けられた側面が非常に大きい。

拠点が防衛向き、三機同時攻撃が無かった(自軍ACVの活躍が大きい)、即殺機がこちらにあった。

事前に、拠点3へのルートを調べておいた事が助けになった。マーカーをおく場合、

仲間にもそのマーカーの意味を知らせる必要があると感じた。

敵が(コマンダー居ないのに)コムバス執拗に制圧したのは、コチラを分散させる目的もあったように思う。

そう考えると、全機とも対ハウンド戦能力の無いパイラーであるより、1機だけでもATKが居た方が

それなりに戦術の範囲も広がる気はする(守り手から見ればコムバス奪回に回すハウンド数が増える)。

08の戦闘力を過小評価していた(偶然にも最適な運用になったようで幸いだった)。

全体的に、指示の真意を伝えずに、行動だけ伝えていた。この方式だと現地での混乱があるようだ。

圧力をかける、回り込ませる、待ち伏せさせる、時間が許す限り、詳細な指示の方が、

結局はコマンダーの負担軽減にもなるように感じた。



[]08号機燃料切れの時の会話 13:13 08号機燃料切れの時の会話 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 08号機燃料切れの時の会話 - ! nopi’s talk from Frontline

02:「しうまいさん、拠点2のある谷に移動してください。敵がそこを通ります」

08:「了解です。移動します」

09:「追い込みまーす」

02:「そうです・・・拠点裏あたりに移動してください・・・そろそろ見えてくるはず・・・

08:「あ・・・

02:「?」

08:「すいません燃料切れです・・・

しうまいしうまい2006/08/10 20:59あの燃料切れは、ネタとしては出来すぎでしたねぇ。初の燃料切れだったもので最初は気付かず、「何か赤ランプが付いてるけど何か壊したかな?」ぐらいにしか思わず…。クロムハウンズも筋書きの無いドラマです。

2006-08-09

[]各個撃破が基本中の基本 12:46 各個撃破が基本中の基本 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 各個撃破が基本中の基本 - ! nopi’s talk from Frontline

シャルカールに移籍してみると、なんだか怒涛の快進撃中。モル首都にまで攻め込んでる?!

(今見たら、またヒムヒメに押し戻されてる模様。取った取られたが繰り返すぐらいのバランスが良いな)


HATENAスカッドでは、メンツ全員が社会人ということもあり、接続時間は1,2時間程度。

一晩で1,2戦が多いです(なのでランクはなかなか上がらない・・・)。

がっつりやりたいぜ!て方には物足りないかもですけれども、ヨメさん寝てからの1時間、とか

わりと切実なゲーマーライフをお送りな方にはいいかもです(とさり気なく宣伝→メンバー募集中!)。


そんな感じで、昨夜もCOM戦1回、対人戦1回。

対COM戦では故国の首都に攻め込んでみて、その戦い辛さに閉口してみたり。横倒しの鉄棒邪魔です。

対人戦は、ゲーマータグの表示延滞に騙されて、相手の機数を2機と誤って目測してしまい、

三機目出現に慌てたりしました。過信イクナイ。

三機がバラバラに攻めて来たり(ルートは悪く無かった。高台対策さえあれば)、

それぞれが曲射1門かつSキャノン1門だったり、わりとチューニングされ切っては居ないような印象の

スカッドだった為、例によって誘導がぐだぐだったんですけど、3:1で快勝。

相手が、曲射、スナイパー、ミサイラー、ガチタンと、なかなかバリエーション豊富な構成だったので、

スカッド戦全体戦術としてはともかく、個々のハウンド戦術に関しては色々得るものがありました。


[]今更、メンバーハウンドが見れる事を知りました 12:46 今更、メンバーのハウンドが見れる事を知りました - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 今更、メンバーのハウンドが見れる事を知りました - ! nopi’s talk from Frontline

マンバプロフィールから。ガレージの様子が見えます。あばば。

09号機(overtech氏)のハウンドを見せてもらったんですけれども、これは色々勉強になりますね。

特に、コマンダーは自軍ハウンドは出来る限り把握した方がいいと思いました。

で、把握した結果。

09号機がシャル逆間MGARパイル4の機体(割と見かける気がする)で出撃する場合、

正面から敵を当てないようにします(脚が速いから、つい前に出してしまう)。

前に出るのは良いと思うのですけど、接敵した場合(自分が見えて無くても攻撃受けた場合)、

とにかく下がらせ、後続の08機(しうまいさんは堅めが多い印象)に第一波を止めてもらいます。

食い止めてもらってる間に、09機には側面に回りこんで貰い、クロスファイアに持ち込みます。



今までのケースとして、第一波で09機が瞬殺(コマンダーから見るとそう見えます)→戦線崩壊が多く、

それは相手がきちんとツーマンセルしてる場合に限るのですけど、確かに高速型の09機では

複数相手の火力を支えるのはかなり難しい、というかそういう役割の機体じゃない、と思うのです。

敵の侵攻を食い止めるのは、08機や(なぜかコマンダーだけど固い)02機の役割で、

09機は側面(背面)を突く(強襲)した時にこそ、その真価を発揮しているように感じます。

2006-08-08

[]早めの夏休みしてました。 09:27 早めの夏休みしてました。 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 早めの夏休みしてました。 - ! nopi’s talk from Frontline

すいません、映画見てきて即寝しちゃいました(すげぇ疲れた。暑かったし)。

というわけで、今夜ログインしたら(終わったのかな?)シャルカールに亡命しようかと思います。

あれ、限定応募てどうなるのかな?


[]あにじゃ~(やわらか戦車顔で 17:45 あにじゃ~(やわらか戦車顔で - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - あにじゃ~(やわらか戦車顔で - ! nopi’s talk from Frontline

しにたくない♪しにたくない♪ と願い続けて一ヶ月。モルスコイの重装甲のせいもあってか、

(勝てるかどうかは別の話として)なかなかダイ・ハードな機体は作れるようになりました。

脚に関係なく、とりあえず通用するメソッドとしては、こんなかんじ?

ええと、判りにくくてすいません。断面図というか横から見た図です。進行方向は→です。

例として二脚にしてますけど、脚関係なしに乗せられると思います。


ようするに、脚の上にジェネレータを(モノによっては逆向きで)載せ、背中方向(進行方向逆)に

T字スペーサーを一個かませ、その上方にモルスコイ6kコク(4kでも8kでもダメ)を載せます。

大抵、ジェネレータの上方にはベイがあるので、ここにモルの三角装甲をそのまま載せます。

ジェネレータの進行方向正面にもベイがあるなら、ここも装甲で覆い、両サイドに武装を積みます。


曲射三門の直撃でも、コクピットには傷一つつきません(武装は全て剥がされます←バカ)。

コマンダーの場合、上面三角装甲がNAMに代わります。ちなみに、この位置に砲台曲射は積めません。

正面から打ち合う限りにおいて、1vs2だろうと1vs3だろうと、かなり耐えられます。

com戦で出てきたミサイラーとは、ガチで打ち合いました(全て正面で受け止めました)。

ナマケモノナマケモノ2006/08/09 03:22今日、というか昨日は変更しなかったんですね~。シャルでお待ちしてたのに残念です(笑)と言っても、HATENAスカッドさんがもうメンバー募集していなければ、待ってるも何もないんですが(ぉ

nopinopi2006/08/09 10:31シャルカールに移籍致しました(8/8の23時ごろですね)メンバは随時募集中です。お気軽にご参加下さい(詳しくはTOPページの”Welcome to "HATENA"scud!”を参照下さい)。