! nopi’s talk from Frontline このページをアンテナに追加 RSSフィード

[ profile ] [ ! nopi’s talk ]



2006-08-23

[]負けは負けだが意義ある負けだったと思う 10:23 負けは負けだが意義ある負けだったと思う - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 負けは負けだが意義ある負けだったと思う - ! nopi’s talk from Frontline

二戦、対人戦やって二敗だったんですけれども、得るものは非常に大きかったし、

前戦の過ちはしっかり修繕し、対応できたと思いました。

二戦とも、自軍の組み合わせは以下。

機体RT脚型備考
02CMD/SNP逆間NAM
08ATK四輪強襲型
09HVG四脚軽装ヘビーガンナー

1戦目

ATKばかり三機の敵軍にたいして、インファイト→全滅。

なぜインファイトになったかというと、MAP中央部の高台を巡る争いに介入してしまったからです。

自軍の組み合わせを見ればわかるとおり、遠距離戦闘を軸に戦術を組み立てる必要のありました。

だからこそ、有利な高台を取ろうとしたのですが、その高台は敵拠点からも近く、奪い合いになり、

結果としてインファイト気味になって負け、となりました。

教訓:SNPHVGは、高台取るより距離を取れ。


二戦目

08機に先行してコムバスを取ってもらい(その後、直ぐ後退してもらい)、

取り返しにきた敵を自軍拠点近くの高台で待ち伏せてるHVGSNPで殲滅、という筋書き。

これは、かなりいい感じに進みました。今後、この組み合わせで出撃する場合の基本戦術としたいところ。

1機目(α)のSNP機はわりとすばやく破壊できました。SNPHVGは待ち伏せて先手が対処法ですね。

二機目(β)のタンクがわりとねばり、前衛にでいた08機の損害が心配されました。

が、幾度連絡を入れても返事が無い・・・→ http://chromehounds.g.hatena.ne.jp/Shaomai/20060823/p1

未確認の三機目の存在も気になります。おそらくコムバス狙いで動いていそうな雰囲気。

08機の損害状況を確認して、三機目探索&コムバス対策をしたいところでしたが、連絡できずに行動も出来ず。

迷っているうちに、08機は敵拠点近くのコムバスを取得しようとして、未確認の三機目(γ)と遭遇。

どうやら相当な損害状況だったらしく、あっというまに破壊されてしまいます。

その頃、β武器の大半を破壊し、脚を破壊するまで追い込んだものの顕在。

状況としては2:2。どうもγ機は脚が速そうでコムバス数で負けそう。

0209ともども速度は120程度。位置関係と残弾数を考慮しつつ、09γを、02βをそれぞれ向かわせます。

βは確認後、すばやく破壊できた(βは脚も破壊されていて、戦闘力を完全に喪失していた)のですが、

γ09を見かけると逃げ出し、NA範囲外へ。

NA範囲外で、敵のコムバス数がどれだけあるのか判らないのですが、残された時間でこちらもコムバス取得に動きます。

が、おそらくは1つか2つ差だったと思うのですが、コムバス数負けしました。


一戦目の教訓は生かせたのはよかったのですが、さらにいくつかの課題が浮上してきたように思います。


08機の機動

CMDは、一戦目よりはマシな指示が出来たように思いますが、まだまだ足らない部分もありました。

08機は強襲型ですので、一撃離脱的な機動をさせても良かったと思いました。

強襲攻撃後、反転戦闘は行わず、一旦そのまま戦域を離脱させ、違うコースから再侵攻してもらうのです。

速度も230近くありますので、それも可能かと思います。


前線の上げ時

戦闘後、overtech氏にも指摘されましたが、この判断が遅かったのが最大の戦術ミスだったと思います。

通信障害は言い訳にはなりますが、あるいはそれが無くても遅かったんじゃないか、という気もします。

理由は、上記の08機の戦術誘導ミスも含めて。

CMD的に警戒したのは、敵が複数機同時に02,09遠距離系)に接近してくる事でした。

そのため、02,09の間に08に割り入ってもらうように指示したのですが、これが二つ目のミス。

HVGSNPで全力攻撃すれば、敵侵攻速度は相当遅らせられるようです(事実、敵の侵攻は無かった)。


SNPATKではない

ダメージディーラーとしては、特に装甲を施したタイプの重装型相手には、SNPは役に立ちませんでした。

牽制、足止め、奇襲(認知外からのスナイプはプレーシャー高し)がメインと感じました。

特に相手を稜線の向こうや障害物に逃げ込ませる効果は非常に高いので、そこを強襲型に突いて貰うのが

正しい運用だと感じました。

あと、視界外(稜線の反対側や障害物の向こう)の敵を砲撃する為のマーカーとして、

SNPの射線を利用してもらうという手もあるんじゃないかと思いました。


[]二戦目リプレイ 12:22 二戦目リプレイ - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 二戦目リプレイ - ! nopi’s talk from Frontline

せっかくMAP絵をうpしてもらったんで、ちょっと作ってみました。

02CMD視点からですし、あいまい記憶を頼りに再現したので、時系列がおかしな点があるかもですけど、

酷い間違いがあるなら指摘してください。

あと、重い鴨。

念のために、自軍ハウンドをもう一度。

機体RT脚型備考
02CMD/SNP逆間NAM
08ATK四輪強襲型
09HVG四脚軽装ヘビーガンナー

ガーズィのジェモ油田北部。自軍拠点は2。


コムバスJのある高台に、02,08が陣取る。08が囮兼コムバス狙いでコムバスIを接収。


I接収直後、高台北部より敵侵攻。NAにはαのみ認識できたが、火線から少なくとも2機居るのは見えた。

08後退。I、αにより奪取される*1αSNP

しばし稜線ごしの狙撃合戦。



α、三機の攻撃により大破。続いてβコムバスLの稜線を下って出現。タンクATK。硬いし速い。

08、かなりのダメージを負ったように見えたが、反応無し。この辺りから通信断絶。


連絡途絶えたまま、08機、なぜか拠点方向へ。硬くてすばやいβ遠距離2機は致命傷を与えられない。

βの動きが不審。侵攻するわけでもなく、撤退するわけでもない。SNPしすぎか。

未確認のγコムバス戦に以降している可能性高し。09前進し、βをおびき出す。


βおびき出しに成功し、脚部破壊。ほぼ戦闘力を奪う。

いまだに通信断絶中の08コムバス取得に向かうかのようにみえたが、

コムバスD取得後、γに強襲される*2


戦闘力を失った08は、γにより大破。その後、Dも奪取されγとのコンタクトも失う。

戦闘力を失ったとはいえ、明らかにコムバス戦に以降しつつある今、βも無視出来ない。

02β討伐に。09コムバス制圧兼γ討伐に機動させる。

ちなみに、コマンダーはコムバスEが”B”に見えて(モニタ小さいから・・・)おり、

09への指示は「コムバスBへ!」だったように記憶してる。γとのコンタクトを失った時、

その移動方向から、おそらくはE付近に居るのではないか、と思って実はEに向かって欲しかった。

結果として、Bに向かう為にはEを経由しなければならなかったわけで、γを追い払う事が出来たが・・・


そんなわけで、騙された09コムバスE付近でγと接触。戦闘は行われたのだろうか?γ失踪。

β02からコムバスN北方の高台より撃ち下ろされ大破。


09がEを、02がNをそれぞれ取得。この時点ではコムバス数は同じかと思われた。


終了直前。コムバスA付近(コムバスEの射程)にγ出現。これにより、敵のコムバス数5が確定。

自軍は4。02、なんとかコムバスLに近づこうとするも間に合わず。無念。

*1:この奪取中の静止状態を09に砲撃してもらうつもりだった。指示が遅すぎたか、意図が伝わっていなかったか、着弾は見当たらなかった。

*2:戦闘力喪失後のコムバス戦は、自軍側コムバスから行くと良いかも。

しうまいしうまい2006/08/23 12:55拠点にフラフラ戻ってきた辺りは、キャタピラとの戦闘でHEATを破壊され、ミサイル弾切れになり、とりあえず自軍側のコムバスMを取ろうとしたら、道を間違えて何故かのぴさんの背後に出てきました…。その後、どうせなら索敵に役立つところを抑えようと出て行ったところをやられた次第です。

nopinopi2006/08/23 13:37そう!しうまいさんどこ!?て探したら、自分の背後(崖下)に居て、すんごいびっくりしました。でも、当時、本当にγの所在がわからなかったので、(通信断絶が無かったとしても)的確な指示を出せたか心許無かったりします(敵コムバスを奪回して!とか言ったかも・・・)。
こうして振り返ってみると、「戦闘力喪失後のハウンドをコムバス制圧で運用する場合、自軍拠点近くのコムバスを固める」が正解に最も近そうですね。
あと、三機とも残弾ゼロに限りなく近い戦闘かつ、コムバス差1での負け、ということで全力を出し切った良い戦いだったとつくづく思います。

2006-08-21

[]HATENAボマー出陣! 16:24 HATENAボマー出陣! - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - HATENAボマー出陣! - ! nopi’s talk from Frontline

うまいさんが爆破魔ハウンドを構築したとのことで、何度かCOM戦で試験した後、実戦投入。

フレンド

機体RT脚型備考
02CMD/SNP逆間NAM
08ATK四輪爆殺仕事人
09HVG四脚軽装ヘビーガンナー

エネミー

機体RT脚型備考
αATK/HVG履帯曲射は2門
βHVG四脚純正HVG
γATK四輪パイラー?(未確認)

MAPはガーズィー。自軍拠点から相手拠点2の旗及び、ハウンドを目視。

実は、このMAPではだいたい敵の動向が見えるので、NAM要らないかなぁと思ったりしました、が。

侵攻してくる敵ハウンドは2機。αが先行するので軽くスナイプすると岩陰に隠れてしまう。

あぁ、ダメっ、そっちはダメっ!HATENAスカッド秘密兵器担当うまいさんの新型機がそちらから!

敵拠点が判明し、敵ハウンドの動向も見えたので、側面から回り込んで貰おうと思ったのですが、

ヘタな距離でスナイプしてしまったお陰で、遮蔽物を求めて移動されてしまったのです。

相手の移動先は、まさにしうまいさんが敵拠点に突入するルート

こりゃいかん!と、とりあえず最短侵攻ルート上には敵ハウンドが居ることだけを伝える。次の瞬間。

三機目γが、NAの手薄なわき腹をえぐるように出現。げっ、自軍拠点はもうすぐ!?

αβをovertechさんに引き止めてもらいつつ、γにスナイプ。

確実に視界外からの狙撃だったらしく、一切の回避行動を取られず4連射全弾命中。

リロードし、さらに攻撃しようとするも、どうもγの侵攻ルートを見誤っていたらしく、

自軍拠点ではない、別の拠点へ向かって移動を始める。時間はかせげたか。

γを相手している間に、しうまいさんが警告エリア経由のきわどいルートで敵拠点に侵攻するのが見えた。

その直後、NA範囲から離脱。神に祈るのみ!

overtech氏から、散々撃たれてる報告が来るもののγをこのままにはしておけない。

γの機動から、間違いなく高速パイラーであると推測され、自軍拠点の影に隠れて狙撃すれば、

直進してくるであろうγは瞬殺出来るはず。

NAγの動きを確認しつつ、あの丘を越えたら狙撃・・・・と待っていると。

拠点破壊ムービーが。ボマー勝利!


今回の教訓

  • 装甲無しのコクピットの場合、スナイプは相当なプレッシャーを与える模様。やりすぎに注意。
  • もうちょい地形を覚えないとダメだなぁと痛感。そっちはダメ!じゃなくて、あっちへ!が正解。
  • γが偽拠点に移動してる間、overtech氏の支援もやろうと思えば出来たはず。
  • しなかった理由はいろいろあるけど、距離1000overでは有効打撃にならんと思ったから。
  • そうはいっても、スナイプの仕事プレッシャー。撃って当てるだけでも仕事になる気もした。
  • リロードは慌てずにしようぜ俺。

2006-08-10

[]いきなり撃ったら撃ち返してきた 13:13 いきなり撃ったら撃ち返してきた - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - いきなり撃ったら撃ち返してきた - ! nopi’s talk from Frontline

対COM戦のHVGの凄まじさを痛感致しました。

当方、コマンダー兼HVG。味方機のHGV肉薄までの援護をする為に、距離1000overでの撃ち合いに。

敵は本職の四脚HGV。射撃の精密さもさることながら、時間差砲撃、予測砲撃、着弾のばらつきに至るまで、

うまいさん曰く「撃ち方教えてもらいたいくらいだ」いやまったく。

一発の直撃も無いにもかかわらず、ほとんど全てのパーツの耐久力が半減してました。きょわい。


[]激戦!パイラーズ! 13:13 激戦!パイラーズ! - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 激戦!パイラーズ! - ! nopi’s talk from Frontline

フレンド

機体RT脚型備考
02CMD/HVG逆間大型NAM
08ATKニ脚多連装ロケット×6
09ATK逆間軽量高速型

エネミー

機体RT脚型備考
αATKホバーパイラー
βATKホバーパイラー
γATKホバーパイラー

戦闘の推移

場所はヒムヒメ東。自軍は赤(南側)、自軍拠点は3(東側)。


1)予備機動

開始後、近郊二つのコムバスを制圧。

その後、08,09フォワード二機は、敵との遭遇予想地点付近のコムバス制圧に動く。

02のコマンダーは拠点側にて様子見(パイラー対策)。


2)索敵

フォワードから敵発見の報告(α)。脚が速いらしい。この時点ではパイルは確認できず。

発見位置から、直後の強襲は無いと踏んで、02やや前進。NAβ確認。速い。

αβともに合流し、拠点1、2へ向かう(正解は3)。ハズレを悟ったかNA外に逃亡。


3)強襲

コムバス増え続ける。守りを見抜いてコムバス戦に持ち込む気か。

敵予想侵攻ルート上に08,09を移動。直後、αβ、拠点2方面から拠点3へ強襲移動。ホントに速い。

αβ、拠点3に強襲。09、間に合わず。0208迎撃。ロケットランチャーの威力が炸裂。

α、側面から08ロケットの直撃を受けて即死。

β、拠点に張り付き、パイル数発撃つものの08ロケットで即死。

02、ほとんど出番無し。


4)駆け引き

残り4分。敵のコムバス数の方が多い。おそらく、敵は三機とも300近い速度のパイラーと思われる。

こちらは三機とも稼動可能だが、敵は、パイル特攻コムバス戦も可能。まだ判らない。

拠点から最も遠い位置にいた09コムバス奪回の為に移動。0208は拠点側で待機。

09が制圧したコムバスによりγ捕捉。コムバス数逆転により、焦って飛び出して来たか。


5)追撃

γ捕捉位置は09の直ぐ側だったが、γは拠点を狙う動き。はやい。

09に迎撃させるも、速度の違いで致命傷にならず。それでも脚を破壊したとの報告。GJ

γ、拠点狙いコース。08に侵攻ルートを防ぐ位置を取らせる。09γ08の待つルートに追い込む。

08γと会敵直前に燃料切れ。も、もりあげすぎー?!

γ08の燃料切れを見抜けず、ルート変更。ダメージ覚悟の崖飛び降りルートへ。09、追いつけない。

γ09の与えたダメージ及び落下ダメージにより瀕死。

拠点3に到着直後、直衛の02の曲射を受けて沈黙


総評

初の全パイラーで緊張のしっぱなし。勝ちは勝ちだが、運に助けられた側面が非常に大きい。

拠点が防衛向き、三機同時攻撃が無かった(自軍ACVの活躍が大きい)、即殺機がこちらにあった。

事前に、拠点3へのルートを調べておいた事が助けになった。マーカーをおく場合、

仲間にもそのマーカーの意味を知らせる必要があると感じた。

敵が(コマンダー居ないのに)コムバス執拗に制圧したのは、コチラを分散させる目的もあったように思う。

そう考えると、全機とも対ハウンド戦能力の無いパイラーであるより、1機だけでもATKが居た方が

それなりに戦術の範囲も広がる気はする(守り手から見ればコムバス奪回に回すハウンド数が増える)。

08の戦闘力を過小評価していた(偶然にも最適な運用になったようで幸いだった)。

全体的に、指示の真意を伝えずに、行動だけ伝えていた。この方式だと現地での混乱があるようだ。

圧力をかける、回り込ませる、待ち伏せさせる、時間が許す限り、詳細な指示の方が、

結局はコマンダーの負担軽減にもなるように感じた。

しうまいしうまい2006/08/10 20:59あの燃料切れは、ネタとしては出来すぎでしたねぇ。初の燃料切れだったもので最初は気付かず、「何か赤ランプが付いてるけど何か壊したかな?」ぐらいにしか思わず…。クロムハウンズも筋書きの無いドラマです。

2006-08-09

[]各個撃破が基本中の基本 12:46 各個撃破が基本中の基本 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - 各個撃破が基本中の基本 - ! nopi’s talk from Frontline

シャルカールに移籍してみると、なんだか怒涛の快進撃中。モル首都にまで攻め込んでる?!

(今見たら、またヒムヒメに押し戻されてる模様。取った取られたが繰り返すぐらいのバランスが良いな)


HATENAスカッドでは、メンツ全員が社会人ということもあり、接続時間は1,2時間程度。

一晩で1,2戦が多いです(なのでランクはなかなか上がらない・・・)。

がっつりやりたいぜ!て方には物足りないかもですけれども、ヨメさん寝てからの1時間、とか

わりと切実なゲーマーライフをお送りな方にはいいかもです(とさり気なく宣伝→メンバー募集中!)。


そんな感じで、昨夜もCOM戦1回、対人戦1回。

対COM戦では故国の首都に攻め込んでみて、その戦い辛さに閉口してみたり。横倒しの鉄棒邪魔です。

対人戦は、ゲーマータグの表示延滞に騙されて、相手の機数を2機と誤って目測してしまい、

三機目出現に慌てたりしました。過信イクナイ。

三機がバラバラに攻めて来たり(ルートは悪く無かった。高台対策さえあれば)、

それぞれが曲射1門かつSキャノン1門だったり、わりとチューニングされ切っては居ないような印象の

スカッドだった為、例によって誘導がぐだぐだったんですけど、3:1で快勝。

相手が、曲射、スナイパー、ミサイラー、ガチタンと、なかなかバリエーション豊富な構成だったので、

スカッド戦全体戦術としてはともかく、個々のハウンド戦術に関しては色々得るものがありました。

2006-08-04

[]コマンダーがスナイパーの運用方法を全く判っていなかった件 09:22 コマンダーがスナイパーの運用方法を全く判っていなかった件 - ! nopi’s talk from Frontline を含むブックマーク はてなブックマーク - コマンダーがスナイパーの運用方法を全く判っていなかった件 - ! nopi’s talk from Frontline

くやしさのあまり、夜中三時まで枕を濡らして脳内スカッド戦(リプレイ込み)を繰り広げたnopiです!

二戦目の敗因は多くありますけど、その全てが件名に辿りつくんですよぇ・・・


二戦目フレンド

機体RT脚型備考
02CMD/HVG逆間
08SNP逆間
09ATKニ脚

二戦目エネミー

機体RT脚型備考
αSNP逆間?
βATK/DEF履帯多連ロケ
γATK/HVGニ脚L曲射

一戦目からその兆候はあった模様です。500以下のインファイトさせましたし。

今までの自分たちの勝ちパターンで多いのは、NAで敵進路確認→フォワード二機突撃→コマンダーが支援、

て流れだったと思うのですけれども、まさに二戦目はそれを相手に、地で”行かれた”感じでした。

それでいてコマンダーが、フォワードは崖を登るのか、それとも相手を下ろすのか、

しっかり指揮しなかったため、フォワードが孤立→撃破→雪崩といった負けだったように思います。

うまいさんも仰ってますが、やはり後退込みの戦術を取り入れていれば、少なくとも3:0負けは

無かったかもしれません。


脳内シミュレーション1:敵SNPを先行撃破する

09に崖下で相手を食い止めてもらい(倒さなくていいし、時間さえ確保してもらえれば良い)、

0208のアウトレンジで敵SNPγ)を先行で倒す。

フォワードに関しては、正直、そこまで強くなかったはずです。

理由は、α(履帯)は多連装ロケポとキャノンMGβ(二脚)は曲射持ってましたが、試せばわかりますが

ニ脚で曲射の運用はほとんど不可能です(実際当たらなかった。接近戦はダメ)。

コチラの動きを止めるSNPさえ何とかできれば、残りの二機を始末するのはそこまでは難しくは無かったかもしれません。

問題は、αMG0208MGに弱いので09を囮に使うとなると、相手の動き次第ではキツイかも。


脳内シミュレーション2:08を降ろさない

東崖に登ってもらった(もらおうとした)08をそのまま先行させ、純SNP運用。目には目。

崖上から、αにはロケポをβには曲射をそれぞれ撃ってもらって(弾を減らして)から

下に降りてきていただいて決戦。ロケポは10回程度しか撃てませんし。