overtechの日記

2006-08-22 (Tue)

[][] 10:59

昨晩はしうまいさんとCOM戦を何度か、対人戦も一回。最近はHVGの練習をぼちぼち頑張り、平地ならば前よりは距離を目測できるようになってきたが、高低差のある場合や、傾斜地からの射撃がまだまだ苦手。精進あるのみです。

ヘビーガンナー型試作三号機を出撃させて使ってみたけれども、こいつはどうも中距離が強いというか、遠距離が少し弱い印象。ちなみに武装はヘビーアームズの二連装曲射砲が二基に、モルスコイ製の曲射砲が一門。武器は3ユニットだけれども、砲門数は5とそこそこ。中近距離打撃力を高めるため、二連曲射砲のうち一門はAPFSDSを、もう一門は広範囲HEを装填しているけれども、砲戦火力を期待するならば両方とも広範囲HEを装填すべきかもしれない。

HVGハウンドは三機試作してみたが、どれも調整の余地が残る。これまでの経験を活かして、再調整をすべきだろうか。

  • 09HVG-X1:四脚(速度115)、シャルカール製曲射砲5門装備。装填弾薬はHE1門、威力強化HE2門、広範囲HE2門。前面装備の曲射砲二門が破壊されやすい。
  • 09HVG-X2:四脚(速度75)、シャルカール製曲射砲6門装備。装填弾薬はHE2門、威力強化HE2門、広範囲HE2門。ジェネレータ出力が過剰で、その他にも重量の無駄がありそう。
  • 09HVG-X3:四脚(速度73)、二連装曲射砲2基、モルスコイ製曲射砲1門装備。装填弾薬はAPFSDS(二連)、広範囲HE(二連)、威力強化HE。800以上の距離での砲戦能力に難有り。

nopinopi2006/08/22 14:29個人的にはHEの方が使いやすく感じました。当たってないように見えて、実はダメージ入ってますし(気付くと脚壊せてたり)。意外なのが焼夷弾。一度お試しアレ。
あと、ジェモ南って2500だった気も(おいらの勘違い鴨)。

overtechovertech2006/08/22 14:46そうなんですよね、HEは爆風ダメあるから使い勝手良いんですよね。でも、HAを装備させるとHAならではのAPFSDSも使ってやりたくなるのですよ。直撃させることさえできれば、対甲打撃力はHE以上のハズなので。まぁ、しばらくはHEで砲撃の腕をみがくのが一番良さそうですね。
あと、ジェモ南の広さは、私も2500^2だったような気がしてました。帰ってから確認して、マップ説明文も一緒に追加しときます。

2006-08-08 (Tue)

[][]COMが強くなってきた。 14:50

のんびりぼちぼち遊んで階級は先日上等兵に。昨晩は、しうまいさんと二人でCOM戦を何度かしていたんだけども、COMが段々強くなってきたような印象。特に、HVGが目に見えて手強くなった。油断すると、三本束ねた曲射砲の火力で一瞬で武装を奪われる。昨晩は三戦二敗ぐらいのスコアだったような……。

曲射砲は前面盾で止められないので、日常メインのハウンドのコクピットをモルスコイのC10に変更。

2006-08-01 (Tue)

[][]敗北を満喫する。 13:20

昨晩は「勉強させてもらおう」というコンセプトの元、階級制限を軍曹まで高めて戦争をしてみましたが、流石に一筋縄には行かない。

  • 場所はタラキア首都カーラ。敵は三機ともキャタピラのアタッカーで、都市戦に主眼を置いた武装が施されていた印象。
  • 戦闘開始後、二機の敵ハウンドα,βがNA範囲内に入ったので、08(しうまいさん)と09(私)が迎撃に向かう。
  • 02(のぴさん)は三機目の敵γを発見したのでそちらの迎撃に。08, 09はほぼ同時にαと交戦開始。2対1で押し切るべく後退気味のαを追撃。その後、背後に回り込んだβから08が奇襲を受ける。
  • 02対γ、08対β、09対αという1対1戦闘の状況に。αは装甲を施されていたので武器狙いで攻撃。束ねたロケットをパイルで破壊。
  • 装甲の無い背後から奇襲を受けた影響からか、08がβに撃破される。それと前後するようなタイミングで02がγを撃破(砲撃で押し切ったらしい)。
  • βがαに合流。βも装甲型だったのでアサルトライフルで武装狙い。右腕部の武装を破壊(たぶんショットガン)。
  • 09がα,βに撃破される。その後、02がα,βと交戦、撃破される。

今回の私の反省点は以下のような感じ。

  1. 武装構成
    • いつも通りのSR*1,AR*2,Pile*3という構成だったが、都市戦向けに武装を調整すべきだった。
    • 変えるならば、HEAT*2,MG*2,Pile*3とか、さらにはPileを外してRLに交換とかそんなかなぁ。
    • とりあえずは、マップの特徴を覚えて、マップにあわせた武装を選べるようにこころがけよう。
  2. 戦闘行動
    • αに引きずられて前進し、結果としてβに回り込まれたのがまずかったかも。後退しながら戦闘するαを追わないか、回り込もうとするβの行動を察知,予測するかできればよかったかも。
    • とは言え、ソナーは敵味方のACVや戦車なんかも反応するし、あんまりアテにはできないよなぁ。
  3. 状況判断
    • 08が撃破されて1対2な戦闘状況になった時点で後退戦闘を行えなかったのは完全に私の判断ミス。02の砲撃支援距離まで下がれば、あるいは状況が変わっていたかも。
    • αとβに挟まれるような状況だったから、抜け出せたかどうかわからないけれども、そのまま戦闘を継続したのは良くないね。

修理費が出てったり戦功が減ったりしたけど、良い経験だったんじゃないかな。

2006-07-31 (Mon)

[][] 14:57

いまのところ順調に勝ちを重ねているはてなスカッド。敵国所属スカッドとの対人戦闘もいまのところ負け無し状態。とはいえ、まだ両手で数えられるぐらいの回数しか、対人戦闘はやってないけれども。順調にお金は貯まってるので、少しぐらいなら撃破されても大丈夫なはず。

戦闘中、二機のハウンドと戦うといつもテンパってしまう。「アパム 弾もってこい アパーム!」とか叫びたくなる。うん、みんな必死で戦ってるんだ。落ち着こうぜ。

3vs3なスカッド戦闘をしていたが、敵方にコマンダーがいた事が無い。3機という少ない出撃枠で戦闘能力が低下するのを恐れているのだろうか。確かに、敵アタッカー3機が足並み揃えて突っ込んできたら、当方のアタッカー二人どちらかは二体以上のハウンドと同時に戦うことになるので、こちらは厳しい戦いを強いられる。思い返せば、これまではてなスカッドが順調に勝ち進められたのは、敵が分散して攻撃しているからというのもあるかもしれない。

そのような敵に対抗するには、アタッカーが各個撃破されないよう、連携し統率された位置取りを心がける必要があるのかも。うっかり突出したりすることもあるので、注意せねば。